「ミアテスト®︎」とは

「ミアテスト®︎」の特徴

各臓器から出る疾患特異的な因子(マイクロRNAなど)を検出し、疾患の早期発見を行うリスク検査です。疾患にかかると、疾患の細胞から分泌される小さなカプセルにマイクロRNAが封入されます。

がん細胞の種類(ただし、すべてのがん種がわかるわけではございません。詳しくは「検査が可能ながん種」をご確認ください)によって、出てくるカプセルやマイクロRNAも種類が異なるため、がん化した細胞があれば、それがどのがん種なのかも特定ができます。

検査が可能ながん種

検査が可能ながん種は全14種類(女性:13種 男性:12種)

肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、腎臓がん、甲状腺がん、脳腫瘍、胆のうがん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん、子宮頸がん(女性のみ)、卵巣がん(女性のみ) の14種です。
※令和2年12月現在 胃がん検査が中止となっております。

ただし、この検査は、がんのサイズ(ステージ)を特定できる検査ではありません。「ステージ0」から発見することができるため、最も早い段階でがんの存在に気付くことができ、より治療法の選択肢を広げることができます。

今現在、目視で確認できる最小サイズは、5mm以上でPET検査になります。ミアテストは、それ以下での発見が可能です。
(下図はイメージになります)

検査方法・結果がでるまで

検査
血液検査で6mlの血液を採取させていただきます。
結果
1か月後

当院での取り扱いリスク検査

ミアテストプラチナ

男性フルセット (対象部位:子宮頸、卵巣を除いた12種) 385,000

女性フルセット女性のためのセット (対象部位:前立腺を除いた13種) 385,000

下記のがん種の検査が可能。 肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、腎臓がん、甲状腺がん
脳腫瘍、胆のうがん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん、子宮頸がん(女性のみ)卵巣がん(女性のみ) ※令和2年12月現在 胃がん検査が中止となっております。

無料カウンセリングは
こちらから

お電話でもご予約いただけます10:00-19:00
(最終受付は診療終了時間の15分前まで、休診日:火・日)